FXの確定申告を知ろう

面倒だけど忘れずに!FXにまつわる確定申告の話

確定申告って何?

会社員をやりながらFXをしていたり、自営業や主婦、退職した人などもFXをする人が増えています。 誰でもはじめやすいというのがFXの最大の利点の一つと言えるでしょう。 しかしだからこそ、それに伴って必要となってくる確定申告の内容について理解を深めておかなければいけません。

税と確定申告の関係

年度末になると、確定申告という言葉をよく耳にするのではないでしょうか?
確定申告とは、1年分の所得税を申告して納税する制度です。
サラリーマンの時、所得をもらう時点で税金が天引きされているので、確定申告の必要はありません。
しかし自営業の人などは、自分で書類を書いて確定申告する必要があります。
またサラリーマンの時でも、所得が2000万円を超える人、副業などで20万円以上の収入がある人は対象になります。

これに加えて、株やFXでもうけを出した時も課税対象となります。
株で得た利益は、所得の分類上「譲渡所得」というものにあたり、20万円以上の利益が出た時に20%課税されます。
また配当金も「配当所得」というカテゴリーで課税され、税率は20%となっています。

FXで得られる利益は「雑所得」というものにあたりますが、こちらも同様20万円を超えた時に課税されます。
税率は今では一律20%となっています。
少し前まではFXの種類によって税率が15%から50%までと幅がありましたが、その後20%で統一されたのです。

つまりどちらも20万円を超える利益を出した時は課税されるということです。
さらに合わせて覚えておきたいのが、確定申告の有無です。
実は株の配当金を除いて、株やFXで得た利益はどちらも確定申告が必要となります。
しかし課税対象は20万円を超えた時ですので、確定申告も20万円を超えなければ行わなくてもよいのです。

「せっかく儲けたのに」と残念がる人もいるでしょうが、確定申告をすることで得られるメリットもあります。
最近利用者が増えているFXの時における、確定申告について理解を深めていきましょう。

おすすめリンク

確定申告で節税を

できることなら確定申告せずに利益を温存しておきたいと考えるかもしれません。 しかしマイナンバー制度も導入され、そのような税金逃れもリスキーになってきているのが現状ではないでしょうか。 とはいえそう考えるのも利益が出たらという仮定のもとで成り立つ話と言えるでしょう。

実際に確定申告するには

ここまで読んでくると確定申告が意外と良心的な仕組みであることが分かってくるかと思います。 しかしいざやるとなると、重い腰が持ち上がらないという人もいるのではないかと思います。 そこで最後に、確定申告を行うのに必要な手続きを大まかに説明していきます。