FXの確定申告を知ろう

面倒だけど忘れずに!FXにまつわる確定申告の話

確定申告で節税を

節税に便利な繰越控除

確定申告というと溜飲を下げてしまう人もおられるかと思いますが、実は確定申告をするからこそ得られるメリットもあるのです。
その一つ目が繰越控除を使った節税効果です。
しかも負けているときに役に立つもので、確定申告の際に損失額を申請すると、次の年以降利益が出ると節税できるというものなのです。

例えば1年目に損失を出し、かつ次の3年間に利益を出した時に、損失を3年分の利益と相殺できるという仕組みです。
利益が20万円を超えた時には課税対象になるはずでしたが、これを利用すると過去に損失があることで課税されずに済むこととなるのです。

ただしこの制度を利用するためには、損失を出した年から連続して確定申告を行う必要があります。
この点は注意が必要です。

お得な損益通算

繰越控除と並び、確定申告したときに適用されるもう一つのメリットが損益通算というものです。
これはFXとFX以外の金融商品の利益と損失を合算して、通算で利益・損失を計算できるという制度です。
FXと損益通算できるものの例として、日経225先物や商品先物、CFDなどがあります。

例えばある会社員がFXで100万円損失を出し、他の金融商品で100万円の利益を出したとします。
これを別々に確定申告すると、後者が20万円を超えているために課税対象となってしまいます。
しかし損益通算を行うと、利益と損失が相殺され、プラスマイナスゼロの収支となるため課税の対象から外れるのです。

このように確定申告で適用される繰越控除と損益通算をうまく利用することで、本来しなければいけなかった課税を回避することができるようになるのです。


この記事をシェアする